人間関係を少しでも円滑にする為に一冊は持っておきたいある一冊

「時代が変わったのね」「便利な世の中になったね」
時に生活をしていればこんな言葉を耳にしませんか?

携帯電話に限ってもガラケーからスマホへの急速な技術の進歩。メールアドレスを聞いていた一昔とは違い今はLINEの交換になったりと。
それでもどんなに時代が変化しても変わらないものがある。

それは挨拶、贈り物、祝い事。
人との繋がりが希薄になっていると言われるこの時代。

ですがお世話になったあの方へ。感謝の気持ちを伝えたい時。
でもどんな言葉を伝えたらいいのだろう。どんな物を送ればいいのだろう。

失礼がないようにしたい。恥をかきたくない。そんな時ネットで調べる事も出来るのがこの時代ですが膨大な数の情報量。
どれが真実でありそれこそ間違っていた場合。家族、親戚、上司、同僚、近所の方からの冷ややかな視線。

結婚式にはどんな服装をしていけばいいのだろう?こんな時どうしたらいいのだろう?
でも人には聞けないそんな時に役に立つのがおつきあいのマナー、服装、お金について書いてある本。

私自身も先日、母の知り合いが困って母に相談していた所、私はすぐに本を取りに行き一般的なマナーが書いてある場所を開き渡しました。

母も母の知人もありがとう。助かったよ。と言ってくれましたが何よりいつもお世話になっている二人に恥をかいて欲しくない思いがあり本を渡したのです。

礼儀正しい人というのはどの時代も嫌われる事はないと思います。
ほんの少しの心配りがあれば少しは人間関係も円滑にいくと私は思います。ミュゼ 予約取り消し

人間関係を少しでも円滑にする為に一冊は持っておきたいある一冊