新たなシェールガス田と発掘時に起こる水質汚濁

近年、アフリカで巨大なガス田が発見され、アフリカにおけるエネルギー資源の供給地として注目を浴びています。シェールガスは石油の代替として期待されており、日本やアメリカ、中国など多くの先進国が発掘に力を入れています。特に、より車社会の進んだアメリカは石油消費大国としても知られており、石油の有限年数を考慮すれば、石油からの脱却を考えなければなりません。そのため、国内ではシェールガスの需要が伸びています。アメリカはシェールガスの供給地域として、アフリカのコンゴという地域にガス田の発掘を行なっています。
シェールガスの活動には環境に配慮をすることが当然ですが、アメリカ国内では一般家庭の水道にシェールガスが漏れてしまい、その水を飲んで結果、中毒症状を訴えた事例が報告されています。実はアメリカ国内にも発掘は可能です。発掘地域周辺にある水道管に混ざったことは発掘時の水圧破砕という方法が原因であると考えられています。今後アフリカでは、多くの先進国が発掘をするでしょう。水圧破砕という発掘方法が主流である以上、アフリカの生活に影響が出る可能性は高いです。http://www.bpdr.biz/

新たなシェールガス田と発掘時に起こる水質汚濁

細胞の使途と機構について授業しました

演習をしました。動物は、外界から物体を取り込んで自分の体調をつくり、子孫を繰り返すなどの印象をもってある。そんな動物の印象は細胞にも備わってある。動物の使途やつくりの最低単位である細胞について勉強します。英のフックは、コルクのない切片を手製の顕微鏡で見晴らし、無数の中空の組立てを発見しました。これを「ちっちゃな客間」という意味で細胞と名づけました(1665階層)。19世紀に入り、顕微鏡が改良されると、英のブラウンが細胞には源泉があることをあかしました(1831階層)。後日、ドイツのシュライデンが植物について(1838階層)、シュワンが生物について(1839階層)、「細胞は動物の組立てと効能の単位である」という細胞説を発表しました。続いてドイツのフィルヒョーは「すべての細胞は細胞から生じる」と唱えました(1858階層)。こうして「細胞は動物の原点単位である」というスタンスが準備されました。勉強になりました。ミュゼ 足

細胞の使途と機構について授業しました