細胞の使途と機構について授業しました

演習をしました。動物は、外界から物体を取り込んで自分の体調をつくり、子孫を繰り返すなどの印象をもってある。そんな動物の印象は細胞にも備わってある。動物の使途やつくりの最低単位である細胞について勉強します。英のフックは、コルクのない切片を手製の顕微鏡で見晴らし、無数の中空の組立てを発見しました。これを「ちっちゃな客間」という意味で細胞と名づけました(1665階層)。19世紀に入り、顕微鏡が改良されると、英のブラウンが細胞には源泉があることをあかしました(1831階層)。後日、ドイツのシュライデンが植物について(1838階層)、シュワンが生物について(1839階層)、「細胞は動物の組立てと効能の単位である」という細胞説を発表しました。続いてドイツのフィルヒョーは「すべての細胞は細胞から生じる」と唱えました(1858階層)。こうして「細胞は動物の原点単位である」というスタンスが準備されました。勉強になりました。ミュゼ 足

細胞の使途と機構について授業しました