コロナのことや日そよ風などにおいて勉強した

コロナなどについて訓練しました。コロナはきわめて希薄な大気ですが、コロナグラフという特別な器具やX線で測量されます。コロナの気温は約200万Kで、彩階層や灯球にくらべてはるかにエナジーだ。このため、コロナの中では水素やヘリウムの原子が日光中心と同様にイオンって電子に電離していて、これらの粒子がテンポされ宇宙残りに流れ出している。こんな粒子の流れを日光そよ風といいます。日光そよ風は、地球の磁気圏(地球磁場の形成枠)に大きな影響を与えている。日光そよ風は荷電粒子の流れで、その速度は300〜900km/sに達している。日光表面を測量すると、黒点や大気の破裂実態など日光の荒々しい尽力がわかります。日光の尽力が盛んになるといった、地球にも各種形成が現れます。灯球に生まれる黒点は、まわりの灯球にくらべて約1500〜2000Kほど気温が小さく、そのため黒く見えている。このことを勉強して、知らないことを知れて良かったなと思いました。キレイモ 月額

コロナのことや日そよ風などにおいて勉強した